スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
にきび改善の決め手は○○だ!
にきび改善博士(私)は出し惜しみがヘタなので、

いきなり結論から入ります。

にきび改善の決め手は、『予防』です。


新しいにきびができなければ、かならず美顔になれます。

いや、本当ですよ。

詳しく説明しますね。


私は昔、にきびに効くという薬を何種類も使っていました。

でも一向ににきびは減らない!私は悩みました。

「効かないのかな?別の薬にしてみようか・・・。」

薬を変えても同じでした。

にきびは減らず、また落ち込む。

効かない、落ち込む⇒薬を変える⇒効かない、落ち込む・・・。

ずっとその繰り返し。

そして薬によって、肌があれ、

されにニキビが増える・・・。

そんな悪循環。


「なんで!?どうして!?」

私は落ち込みました。怒りすら感じましたよ。


鏡の前で自分の顔を見て、涙ぐんだり・・・。

そして怒鳴る。

「なんで私の顔は、にきび面なんだ!!」

鏡の前で座りこんだのを今でも覚えています。


何分かして、落ち着くと、

あることに気づきました。

にきびのできる箇所が移動していたのです。

「あれ?」

昨日あったにきびは消えていたのですが、別の場所にできていました。

え?じゃあにきびは消えているのかな・・・?

じゃあどうして私の顔のにきびは減らないんだ?


その時、閃きましたね!

「そうか!にきびは治るんだ!でも新しいにきびができるから、

 だからにきびは減らないんだ!」


つまり、

新しいにきびを予防すれば、きれいな顔を取り戻せる!

その事実に気づいたのです!


よ~し、方針は決まった!

いよいよ、にきびを減らしていける!


その方法は、次に続く!
FC2 Management

テーマ:ニキビを治すぞ!!

第二章、博士式にきび改善策 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
ニキビは予防で治すのだ!
にきび面は予防で治す!

私の方針は決まった。

(そしてこの作戦は大当たり。ほぼ100%完治したのだ!

 まあ、その話はまた後でしよう。今は予防について話す。)



まずはネットで、ニキビの予防策を探した。

そうして出てきた答えは、

『顔を清潔な状態に保つこと』

ずばりこれだった。


まずは洗顔方法を変えた。

以前から正しい方法で洗っていたと思っていたが、

私は大きな間違いを一つだけしていた。

方法は正しかったのだが、力加減を間違えていたのだ。

強い力を入れると、肌が痛む。そんな基礎的なことも知らなかった。
(まあ、男なんてこんなものだ。)

そこで、さやしい力で洗顔をするようになった。


洗顔方法で気をつけたことはもう一つある。

顔につけた洗顔料を、

しっかり洗い落とすことを心がけた。

以前のやり方では、洗顔料が顔に残っていたようであり、

それがニキビの原因の一つだった。

徹底的に丁寧な洗顔をする。

これが改善策その一である。



改善策その2は、治療薬を着けるのをやめたことだ。

治すことより、『予防すること』に集中した。

とりあえず、治療薬をベタベタ付けるのをやめ、

予防するための化粧水に代えた。


博士は男だったので、化粧水を買うときはめちゃ恥ずかしかった。
結局、通販を利用し偽名を使って買った(笑)

その時の偽名⇒羽田貴麗(ハダキレイ)
まあ、高かったがその分効果はあったので良しとする。


薬はやめ、顔につけるのは化粧水だけにした。

これが改善策その2だ。


改善策はこの二つがメインだ。

ほとんどこれしかしていない。

これでニキビが改善した。


あなたは今、こんなことを思ったかもしれない↓

「簡単すぎる、本当かよ?」


でも、本当なんですよ(^^)

簡単なことしかしなかったのに、しっかりと予防できましたし。

それに、これならすぐにできそうでしょ?どう思います?


とにかく私(博士)は、

治療薬は使うのをやめ、

化粧水をつけるだけという、『予防』に全力をそそいだ。


その作戦を利用し、

五日くらい経ったころ・・(次に続く)






テーマ:ニキビ

第二章、博士式にきび改善策 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
そして効果が現れはじめた
そして五日くらい経ったころ、

ニキビが改善され始めたのだ!



鏡を見ると・・・、

「嘘!ニキビが減ってるじゃん!!」

驚きだった。

今までどんな薬も、どんなクリームでも減らなかったニキビが、

多少ではあるが減ったのだ!


よく観察すると、新しいニキビはほとんどできていない。

予防による改善、この治療方針は当たりだと確信した。


私(にきび改善博士)は、この治療方針に決めた。



にきび改善策

一、徹底的に丁寧な洗顔をする

二、クリーム、薬をやめ、顔に付けるのは化粧水だけ


この二つのことを徹底した。



その頃から少しづつニキビが減ったことを覚えている。

そのころはとても嬉しい期間だった。

ほんとに。何をしても治らなかったにきびが、

治っていくのは本当に嬉しかった。


あれほど見るのが嫌だった鏡が、

「今日はどのくらいニキビが減ったかな♪」

そんな感じで楽しみになったのだ。


この頃から、精神的に余裕みたいなものが出てきたと思う。
(日記をつけていないので、詳しいことは忘れたが、相手の顔を見て
 話すことが、苦痛じゃ無くなった時期がここだと思う。)


そして、

そのころから、新しい工夫を始めた。


工夫その一、

シャンプーをしっかりと洗い流す。


これはマジで効果ある。ホントに。

「シャンプーを流すくらい誰でもやるだろ?」

そんな風に思わないで聞いてほしい。


しっかりとシャンプーを洗い落とさないと、

顔にシャンプーが残り、不潔になる。

これはニキビ面に直結する。

私はシャンプーを流す時間を、

30秒から⇒一分に延ばした。

私は念のため、シャンプーの後は顔を軽く洗う工夫もした。


これで、また少しニキビが減った。


ニキビ予防とは、結構簡単なことの積み重ねで可能だ。

私はそれが本当のことだと、経験から知った。



工夫その2

汗をこまめに拭く


これもまた簡単なことだ。

タオルを持ち歩き、汗をかいたらすぐ拭く。

冬でも効果はある。

タオルは乾いたものではなく、使うときは少し濡らして使う。

これも簡単にできることだ。


常に顔を清潔な状態に保つ。

ニキビ予防にはとても重要だ。



そして20日くらいの時間が経った。


再び鏡を見ると、(次に続く)





テーマ:ニキビ

第二章、博士式にきび改善策 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。